Eri Kawamura

photographer

CLASKA HAU 2021 Autumn & Winter 「境界線」

CLASKA D 2022 Spring & Summer collection

quitan 2022 Spring & Summer collection

北欧、暮らしの道具店 「日々にガラスを」2021

Casa BRUTUS April 2022 vol.254

AXIS February 2022 vol.215

Eiko Tomura landscape architects

Haruka Shoji -tectile atelier- , AELU 2020

サイエンスホーム「how」2022 vol.10

quitan カテリーナ古楽合奏団 robahouse 2022

Hanako「FIND YOURSELF 私を育む美容」

ほぼ日刊イトイ新聞 "編む人。”

HAND Have a nice Day! in Yamanote Line "JR上野駅 猪熊弦一郎壁画「自由」" 2020

写真集「都市の肌理 touch of the urban skin」

photographer

川村 恵理 Eri Kawamura

美術系専門学校卒業後、スタジオ勤務や写真家 久家靖秀氏の助手を経て、

2017年よりフォトグラファーとして独立。

 

雑誌やカタログなどのクライアントワークを中心に、人物・風景の枠にとらわれることなくさまざまな対象を撮影する。

 

第1作目の写真集「都市の肌理 touch of urban skin」を出版したことから作家としての活動も開始。

身近なアーティストや研究者の記録撮影なども手がけている。